忍者ブログ
~劇団竹蜻蛉の面々が綴る、一言だったり公演紹介だったりする雑記帳~
<< 2017 / 11 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
[ 1 ] [ 2 ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 演出です。
 ついに公演初日ですね。
 今日は19:00~ですよ皆さん。お間違いなく。

 さてはて。
 不思議な気分です。ノンストップで舞台に立っていたので、今回は違うんだな、と思うと。
 演出は、始まってしまったらもう何も手出しができないということが歯がゆい、とかなんとか。
 それは分かりますが、それ以上に今までに無かった動きに声に、ワクワクしたり。
 ……僕も混ざりたいなあーって思ったり。新入生三人とはもちろん、客演二人とも共演したいって去年から思ってましたので。
 ぬうー、また今度何か考えてやるう。

 今日は私は会場整理やってます。よろしくお願いします。
PR
どうも演出です。
ようやく役者紹介も最後の一人と相成りました。

今回は南角建人くん!


なんていうか、掴み所がなく飄々としています。不思議人物。
ちょくちょくながら、一年関わってきても彼がどんな人物なのか全貌が見えてきません。

普段は筑波小劇場さんに所属する制作系男子。客演として呼ばせていただきました。
練習場に馴染んでくれるのはとてもいいのですが、コヤさんと一緒になって僕をいじることに義務感は覚えなくていいです。まじで。
彼も主役の一人!

そんな南角くんとのお話。
私「これで役者紹介行こうと思うんだけどどうかなあ」
南角「んー……ああ、これさあ、『なんというか、つかみどころが~』っていらなくない?」
私「あ、そう……? ほかは?」
南角「んー、あと『ミステリアス・ボーイ』っていらなくね?」
私「ええ……他は?」
南角「制作系とかかかれるとさあ……」
私「全部消す気か!」
危うく役者紹介を全部消されるところでした。
不思議系を崩さないために情報を消したがるなんて……キャラつくりに一貫性がありますね!

ココスにて、爽やかにサラダを取り分ける南角くん。
私、野菜食えないのに。
南角「サラダ全員で食べませんか」
私「いや私食わないし」
南角「はい、カツマタ君」
私「え、俺いらn……ってかこれなんで取り分けたん?」
南角「クルトンの美味しさを知って欲しくて!」
私「クルトン?」
南角「いやこれ」
私「あー、これクルトンって言うんだ」
南角「食ってみ」
私「ああ、うn……(食す)……これさ、なんていうか、うめえ!って感じのもんじゃなくね……?」
南角「……」
オチはない。

私「休日の過ごし方は?」
南角「寝る」
私「……他は?」
南角「おきる」
私「……うん、ほかは?」
南角「おきる」
私「え?」
南角「ごはんたべる」
私「お、おう……」
南角「ってかなんでおきるって二回書いたん?」
私「え? お前言うたやん」
南角「言うてへんよ」
私「ええ」
南角「ちょっ、文章捏造すんな」
小屋「演出さんそういう人」
小・南『てへぺろっ☆ミ』
小・南『いえーい☆』
私「……」
なんだろう、この疎外感。
南「あとねー、本読んでー、外出てー、」
私「うん、もうそのコーナーいいから」
南「タスクしてー」
韓「……(そっと鶴をパソコンの上におく)」
なんなんだろうこの状況……
メモしてたら会話に取り残されて入れなくなりました。演出寂しい!!
南「また演出さんが捏造してr」黙ってろ!

はい。
地の文にまで突っ込んでくる不思議系男子ナンカク君!
そんな彼がどんな演技をするのか乞うご期待!

役者紹介④!ということで客演のヨーダ君!

素敵な笑顔を持っている彼。普段は脱力系(最近は特に疲れてるとのこと)です。
比文二年の男の子でござんす。
役職は役者! 客演だしそりゃそうだよね!!!


IMG_0521.JPG









↑最近ぐったり気味な様子

今回は客演として呼ばせていただきました。普段は筑波小劇場さんで活動しています。
役者以外にも、音響もやっていらっしゃるようです。
ちょっとばかりお話してみました。
私「今公演について一言!」
養田「がんばります」
私「テキトー(笑)」
養田「えええ、一言やん」
私「一言だけどさあ」
養田「じゃあ、別の言葉で……精進しまs、いや、うーん……うん、いいや、精進します、で」
とのこと。

小屋「たけとんってどんなサークルですか?」
養田「えー、それ前にも聞かれたよお」
小屋「突然歌わせる演出とかいますけど」
養田「最近思ったのは(自主規制)に不遇なサークルだなあと思いました」
私「それは載せられないから! 載せられないから!」
自主規制がかかるお話怖い!
爆弾発言が飛び出す練習場です。

さてはて、舞台ではチカラ漲る姿を見せてくれる養田君!
見逃すな! 
 
Hi! 如何お過ごしですかね、演出です。
今回は岡田昂太郎君の紹介をしていこうと思います!


1dbaf4aa.jpeg









\ドンッ/

Mr.純粋、略して「純くん」こと岡田君。
なんと私と同じ工シス生。舞美に興味があるとのこと!
役職は役者。主役の一人でござんす。
補佐がつけなくて舞美はまた今度になりました。ごめんね!

岡田君とちょっとお話してみた。
俺「どんな音楽聞くの?」
岡田「古めの洋楽……」
俺「へーい、じゅーど!みたいな?」
岡田「それよりはちょっと新しい……Oasisとか」
俺「お、おあしす?」
岡田「whateverとか知ってると思いますよ」
俺「知らn(ググる)……知ってたわー!」

Oasisが好きだそうです。
この曲、確か朝のニュースかなにかで使われていた気がします。
あ、別に宣伝する気はないですよ。


俺「もしかして人と話すのあんま好きくない?」
岡田「あー、いや、嫌いではないんですけど、自分から話しかけることはしないですね」

最近練習場が静かだと思ったらみんなこういう意識の人なのかしら。
早くも役者同士に亀裂が走ってるのかと心配になってたよ!!

ぴゅあぴゅあでふれっしゅな岡田君、さてはてどんな演技を魅せてくれるのか!
剋目して見よ!

さーてそんなこんなでやってきました役者紹介その②!
今回は小動物系女子の筆頭、モモセさん。

IMG_0560.JPG









\ズビシッ/

ちょっといじると妙にオドオドして見ててたのs(げふんげふん
そんな彼女は日日一年生、役職は照明と役者です。
演出から照明プランをぶん回されてて大変なようです。可愛そうに!
主役の一人です!

ミジンコがどうとか聞こえてきたのでお話してみた。
私「いくらなんでも自分をミジンコ扱いするのはよくないよ」
モモセ「いや、そうじゃなくて、あの、コヤさんが、」
私「あ、もしかしてコヤさんと話したらぽろっと出ちゃった系?」
モモセ「あ、はい」
私「ミジンコが口から出ちゃった?」
モモセ「はい、そうです」
私「ミジンコが、口からねえ……」
モモセ「あ、いやそうじゃなくって、その」
あわわわ。ごめんねごめんね。楽しいからつい悪気はないんだけどねー!

私「特技はナンですか?」
モモセ「えっ、ないっ、……あっ、すぐ寝ること! ね、今日酷かったよね、コヤさん!」
コヤ「何、私が?」
モモセ「いや、私が、ほら、4,5限さあ……」
その後繰り広げられる日日トークに私放置気味。しょんぼりでござんす!
同期が同学類だと話がいろいろできていいですね!!
というか同期がいるといいですね!!!

なーんて、そんなモモセさん。
所狭しと舞台を駆け回る彼女をお楽しみに!
 
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
バーコード
Template by kura07, Photo by Abundant Shine
忍者ブログ [PR]