忍者ブログ
~劇団竹蜻蛉の面々が綴る、一言だったり公演紹介だったりする雑記帳~
<< 2017 / 11 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
[ 1 ] [ 2 ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お久しぶりです。
新人公演では演出を務めておりました、久保田です。
大分遅くなってしまいましたが、新人公演を無事に終えることができましたので、ご挨拶をば、と。

……べ、別に忘れてたとかそんなことあるわけないじゃないですか~~~、やだな~~~!

と、それは置いておいて。
拙い演出についてきてくれた新人諸君、隣で支えてくれた同期の皆、陰ながらたくさんのサポートをしてくださった先輩方、そして何より、お越しいただいた観客の皆様に、心より感謝申し上げます。

初演出で、新人公演で、大人数で、大掛かりな舞台で、伏線やギャグもたくさんあって、我ながらどうなることかと思っておりました。
そもそも、この間まで後輩だったひよっこの自分が、先輩として皆を引っ張っていかなきゃいけないこの大役を、どうやったら全うできるのか、と。
新人には、高校から演劇をやっていた人もいれば、大学で初めて演劇に触れる人だっているわけです。
しかも、どっちにしたって、この劇団竹蜻蛉で演劇をするのは、初めてなわけですよね。
そんな彼らに、演劇を、竹蜻蛉を、嫌いになってほしくない、いや、むしろこの劇を通してもっと好きになってもらえれば嬉しいなあと…そういう気持ちでやって参りました。
加えて、この劇を見に来てくれた、演劇に初めて触れるであろう彼らのお友達にも、好きになってもらえてたらなあ…なんて。
実際私は、自分の新人公演で、演出さんをはじめとした敬愛すべき先輩方、いつも楽しく明るく素敵な同期たちに恵まれて、友達にも見に来てもらえて、もっともっと、この劇団で劇がやりたいなあと、そう感じました。
そういう気持ちを、少しでも持ってもらえたらいいな、なんて、考えてたりして。
……いや、なんか、柄にもないこと言うの、ちょっと自分でも気恥ずかしい感じするんですが、その一心で、演出やっていたのは本心なので……。
…どうかなあ。好きになってもらえたかなあ。もし好きになってもらえてたら、嬉しいなあ。
練習中もトラブル続きで、あっちこっちしながら、どうにかこうにか公演までこぎつけて……という…なんというか……本当、当日まで、公演が打てたんだあ……と、実感がない感じでした。
でも、舞台が立って、照明がついて、音響が流れて、役者が動いて……目の前に思ってたものが実現されると、その感動といったら、ないですね。
当日、オペ席にいながら、演出が一番はしゃいでたと思います。
また、アンケートや各所で見かけるご感想を拝見したところ、なかなかにご好評をいただけたようで感無量です。
本当、見に来て下さる方がいることで、成り立ってるんだなあということをひしひしと感じます。ありがたい限りです。
反省点はまだまだたくさんありますが、これから一年弱はこのメンバーで突っ走っていきたいですね!
よろしくお願いいたします!

…そういえば、パンフレットの演出挨拶、縦読みでアイウエオ作文になってたことに気づいた方ってどれくらいいるんでしょうか。
もしお手元にパンフレットが残っているようでしたら、見てみてくださいね。

それでは、最後にもう一度、この劇に関わってくださったすべての方に感謝の気持ちを述べて、結びといたします。
ありがとうございました!
PR
こんばんは。
記録です。

新入生の紹介を兼ねたインタビューですが、今回で最終回でございます。
寂しい。もう一周したい。みんなもっとお話ししよう。

さて、気を取り直して。

初めて読む方のために毎回説明しているのですが、本公演のインタビューでは、前の人からの質問に答えた上で、次の人への質問を考えてもらうというバトン形式の項目を設けています。

今回のお題は「生まれ変わったら何になりたい?」です。
答えてくれたのは酒匂陸君。

では、ラストインタビューです。





第七回インタビュー~生まれ変わったら何になりたい?~





記録:自己紹介をお願いします。
酒匂:比較文化学類一年の酒匂(さこう)です。
記録:下の名前は?
酒匂:陸です。多分下の名前誰も覚えてないです。
記録:あ、仲間ー。
酒匂:珍しいと名字で呼ばれますよね。親族以外見たことないです。酒匂。





記録:ご出身は?
酒匂:千葉です。
記録:近い。
酒匂:近いですね。宅通の人より近い疑惑が最近出て来てますが宿舎です。





記録:高校のときの部活は?
酒匂:オーケストラ部でした。
記録:弦楽器的なやつ?
酒匂:弦楽器です。




酒匂君の友人登場。




酒匂:おう。
記録:お友達?
酒匂:はい、管弦楽団の。
記録:あ、今も入ってるんだ。
酒匂:チェロやってます。中学のときもオーケストラ部あったんで、そこで始めて、まあずっと……





記録:他に入ってるサークルは何かある?
酒匂:管弦楽団入ってます。
記録:管弦と、たけとんと?
酒匂:サークルはその二つなんですけど、今比較文化学類の比文プロジェクトやってて。
記録:ほう。
酒匂:つくばで盆踊りを作るっていう。
記録:ってことは、チェロ弾きながら、照明やって、盆踊りしてるって感じ。
酒匂:意味わかんないっすね!





記録:たけとんに入った理由は?
酒匂:とりあえず演劇やりたかったっていうのもあるんですけど、一回見学来て面白かったっていうのと、あと、新人公演面白かったです。
記録:ありがとうございます!みんな喜ぶよー。
酒匂:あとはそうですね、管弦と両立したかったんで……なんか話聞く限りだと、他に考えてたとこよりも両立しやすそうかなって感じで……
記録:今はどう?できてる?
酒匂:役者やってないからわかんないですけどできてます。役者も……やってみたいですねー。





記録:今回のスタッフは?
酒匂:照明です。
記録:どうっすか?照明。
酒匂:この間照明実験で色々見させてもらったんですけど、これは、すごいな!ってなりましたね!あれもう色々やってみたいっす!





記録:前の人からの質問。生まれ変わったら何になりたいですか?
酒匂:生まれ、変わった、ら……何に……いやー……うーん……なんかどいつもこいつもアレですよね、動物とか、なんか食べられたり……痛そう。
記録:いや、ペットになれば大丈夫でしょ。
酒匂:あ、そっか……
記録:裕福な家庭で猫として飼われるとか。
酒匂:あー……でもなんか今ぱっと浮かんだのが、とりあえず海に住んでみたいです。
記録:それモロ食物連鎖じゃん。
酒匂:そうなんですよね、言ってから気付きました。なんかこう、食べられない海の生物とかっているんですかね……クラゲとか?
記録:あー。でもモノによっては駆除の対象?
酒匂:やだな。
記録:うん。
酒匂:でもこう、なんかきれいなクラゲいるじゃないですか。あんな感じのキラキラしたのいいですね。
記録:キラキラした。
酒匂:キラキラした。キラキラ系。大学生じゃなれなかったからキラキラ系!キラキラしたい!




ここでツボに入った様子。
しばらく笑い続けました。




記録:キラキラした、クラゲ。
酒匂:揺蕩ってる感が。
記録:水族館のではないんだ。
酒匂:なんかキラキラしてたらめっちゃ見られるじゃないですか。ひっそりと輝いていたいっすね。





記録:今回の公演に対する意気込みをどうぞ。
酒匂:舞台上には出ないですけど、舞台を支配するのは照明だと色んな人から言われるので、まあ支配したいなと。役者どもを。支配下に置きたいと思っております。頑張ります。








以上、ラストインタビュー酒匂君でした!
きらめきたい彼にご期待ください!




インタビューは終わってしまいましたが、あと一週間、頑張ります。

『サマータイムマシン・ブルース』

原作:上田誠
脚色・演出:久保田智美

2015年 8月9日㈰ 第一回公演 12:30~
                              第二回公演 17:00~
※開場は開演時間の30分前

会場……筑波大学第一エリアB棟1B208教室

お待ちしてます。
こんばんはじゃない時間帯の更新は久し振りな気がします。
こんにちは。記録です。

もう7月も終わりなんですね。早い早い。
なんだか心なしか、日が短くなってきたような気がします。
今の天気がよろしくないからでしょうか。



さて、今回もインタビューです。
初めて読む方のために毎回説明しているのですが、本公演のインタビューでは、前の人からの質問に答えた上で次の人への質問を考えてもらうという項目を設けています。

今回答えてくれたのは五十嵐優香さん。
前の人からの質問は「ベッドで添い寝するぬいぐるみは?」です。

はりきってどうぞ!





第六回インタビュー~ベッドで添い寝するぬいぐるみは?~




記録:自己紹介をどうぞ。
五十嵐:心理学類一年の五十嵐優香です。出身は千葉県で、つくばに結構近いので、TXで通ってます。




記録:ニックネームついてる?
五十嵐:今はないんですけど、高校生のときに入ってた演劇部でつけられたのがあります。そのときはなんか「めくる」って呼ばれてたんですけど。
記録:なんで?
五十嵐:決めるときに先輩から質問されるんですけど、「ポッキーとプリッツとトッポどれ派ですか?」って聞かれて、ポッキーって答えたんですよ。あの、ポッキーのチョコレートの部分だけ食べるのが好きなんです。
記録:あー、別々にしたくなる感じ。
五十嵐:はい。でも普通に舐めるとか言うのあれなんで、ちょっと可愛く言おうと思って、で、「めくる」って言ったら……
記録:ついちゃったんだ。演劇部って面白いニックネームつくよね。高校時代は演劇部、と。
五十嵐:はい。




記録:たけとんに入った理由は?
五十嵐:大学でも演劇続けようっては思ってたんですけど、たけとんの雰囲気が好きだったのと、新歓公演をたけとんしか観に行けなかったので……
記録:縁を感じて?
五十嵐:そんな感じです。




記録:他に入ってるサークルは?
五十嵐:ミュージカルのサークル(ミュージカル集団ESSASSA)にも入ってます。
記録:今行ってる?
五十嵐:最近は顔出してないんですけど、新人公演が終わったら関わろうと思ってます。
記録:じゃあ、こう、両立してく感じで。
五十嵐:両立したいですね。




記録:今回の役を一言で言うと?
五十嵐:一番どこにでもいそうなちょっと抜けてるけど普通の人です。




記録:今回のスタッフは?
五十嵐:舞台美術です。
記録:高校でもやってたの?
五十嵐:まあみんなでやってました。
記録:高校と比べてイメージ変わった?
五十嵐:やっぱりやること多いですね。
記録:こんなに舞美(舞台美術)が忙しい舞台あんまりやらないけどね。設計図書いたんだっけ?
五十嵐:あ、そうですね、書きました。
記録:よく頑張ったわ、あれはすごい。
五十嵐:無事にできましたねー。あ、私名前付けたんですよ。
記録:あれに?
五十嵐:はい。「シルバニア」って名前を勝手に付けました。愛着が持てるかなって。




記録:前の人からの質問……なんて言ったらいいんだろう……枕元にぬいぐるみ置いてる人?
五十嵐:あ、置いてあります。
記録:それは何ですかっていうかそれに関するエピソードを……みたいな。
五十嵐:あー。私、一メートルくらいあるリラックマの抱き枕があるんですよ。
記録:似合うけどやたらでかいな!
五十嵐:誕生日にお父さんに一、二年前に買ってもらったんですよ。抱き枕欲しいって思って。っていうだけの話です。
記録:でかい。
五十嵐:もう全身巻きつける、みたいな感じです。がっちりホールドできる……
記録:コアラごっことかナマケモノごっこできそうなやつ。
五十嵐:そうです。胴体が異様に長いリラックマです。
記録:リラックスできるね。
五十嵐:リラックスできますね。




記録:次の人への質問をどうぞ。
五十嵐:えーっと……生まれ変わったら何になりたいですか、でお願いします。




記録:今回の公演に対する意気込みをどうぞ。
五十嵐:どこにでもいる普通の女の子目指して頑張ります。
記録:ヒロイン的な立ち位置なんだけどね。
五十嵐:ですね。
記録:まあでもちょっと抜けてる感じあるよね。鈍感だったりとか。
五十嵐:そうですね、普通そうに見えて意外とお馬鹿なとこがある感じを見ていただけたらいいなと思います。






以上、ネーミングセンスが素敵な五十嵐優香さんでした!
これぞヒロインって感じの「普通の女の子」を演じる彼女にご期待ください!
舞台中央奥で存在感を放つ、彼女が設計した「シルバニア」もぜひご覧いただければと思います!
※シルバニアファミリーとは何の関係もございません。




ここまでひっそり行ってきた新入生インタビューですが、なんと次回がラストです。
次回はチェロ奏者の酒匂君!
ご期待ください!
アパートの隣の部屋の前でカブトムシを見かけました。
夏ですね。

こんばんは。記録です。
今回もインタビュー。
ついに第五回です。5ってなんかキリがいい感じしますよね。



初めて読む方のために毎回説明しているのですが、本公演のインタビューでは、前の人からの質問に答えた上で次の人への質問を考えてもらうという項目を設けています。

今回のお題は「きのこの山とたけのこの里、どちらが好き?」です。
戦争が起こりそうな予感しかしませんね。
答えてくれたのはタイからの帰国子女の樋田源太郎君と留学生のVoslar Matej(マテイ)君です。
国際色豊か!





第五回インタビュー~きのこたけのこ戦争、開幕~





記録:軽く自己紹介をどうぞ。
マテイ:マテイです。留学生です。チェコから来ました。今一年生なんですけど、もう21歳のおっさんです。
記録:あたしの一個下なんだね。※記録は四年生(樋田君に)はい、自己紹介どうぞ。
樋田:樋田源太郎です。一年生です。
記録:学類は?
マテイ:日本語・日本文化学類です。
樋田:化学です。
記録:知らなかった……
樋田:えー。
記録:なんかタイから来たイメージばっかり強すぎて……今気づいたけどこの二人国際色豊かだね。
樋田:あ、ホントだ。
マテイ:タイで生まれた?
樋田:いや、小6から行っただけ。
記録:長いね。




記録:ご出身は?
マテイ:出身は……チェコで、19年住んで、そこから大阪に1年、阪大で勉強して、つくばに来ました。
二人:おお……
樋田:生まれは北海道で、そっから埼玉、神奈川、と行って、タイに行きまして、7年間住んで、つくばに来ました。
記録:じわじわ南下して、つくばに戻ってきたと。
樋田:そうっすね。




記録:高校のときの部活は?
マテイ:高校は部活がなかったんですけど、アイリッシュダンスやってました。アイルランドで行われる伝統的なダンスです。
樋田:今できる?
マテイ:もう結構忘れてるけど、音楽流してくれたら、もしかしたら……
樋田:おー。
マテイ:重い靴を履いてステップを踏むのと、キャンプファイヤーを囲んでみんなでワイワイ踊るのがあるんですけど、みんなで踊る方やってました……どうぞ。
樋田:あ、はい。えーっと、高校は非常に小さい学校だったんで、部活がなかったんですよね。で、クラブみたいなのがあったんですけどそれはバスケやってました。でも遊びでやってただけなんでほぼ経験ゼロです。で、中学の時までは地元のタイ人と日本人の野球の混合チームがあって、そこに入ってました。タイには野球チームが一つしかなかったので、そこにいると自動的に世界大会に出られるんですよ。
二人:えー!
樋田:それなんで、そのおかげで何度か世界大会に出れました。
二人:おー。




記録:たけとんに入った理由は?
マテイ:子供の頃の夢が俳優で、なんか自分じゃないキャラクターになるのが好きで、コスチュームとかも色々やったんですけど、アニメ大会とかでコスプレ着て。で、演技もちょっとやったんですけど、それが楽しくて。なので、本格的にやってみたいなって思って入りました。たけとんは、同級生のけんけん(一年生の西村君。第二回インタビュー参照)と一緒に来てみて楽しかったので、そのまま入りました。
記録:フィーリングで。
マテイ:はい。
樋田:僕は高三のときに文化祭でミュージカルやろうってなって、ア○雪のパクリみたいなのをやったんですけど、そこで、演出脚本役者みたいな感じだったんですけど、それが楽しくて、演劇サークル入ろうって思ってました。入学前にサイトとか見てたんですけどたけとんは何か心に触れるものがありました。
記録:ちょっと改装しようかって話が出てるHPだけど何か触れるものが。
樋田:なんかありましたね。

HPはつい最近改装しました。
こんな感じです。




記録:今回の役職は?
マテイ:衣装です。コスチュームが好きなので選びました。演出さんから、キャラクターのイメージを聞いて、何着せようかなーって考えるの楽しかったです。
樋田:僕は舞台美術です。でもまあ、大変ですね。子どもの頃から美術・技術センスが皆無だったので、はい。成績も、2以上を貰った経験がありません。
記録:あ、はい。
樋田:なんで、きついんですけど、まあ楽しんでやってます。
記録:あたし舞美やったことないんだけど何が楽しい?
樋田:設計図書いて、それが実際に形になると達成感ありますね。
記録:ひだげん(樋田君)は役者でもありますが、今回の役を一言で言うと?
樋田:そうですね……えー……冴えない気持ち悪めの人です。

記録:徐さんからの質問。きのこの山とたけのこの里、どっちが好きですか?
樋田:おっとここに戦争を起こす気ですか。
マテイ:まあ言ってみましょうか。
二人:せーの!
樋田:きのこの山!
マテイ:たけのこー!
記録:はい、戦争勃発!
樋田:もう嫌い。





ここで、結構本気な戦争が始まりました。
こんなに熱く語るのかってほど熱い国際的な戦争でした。
無駄に熱かったので割愛します。


記録:次の人への質問をどうぞ。
樋田:ギスギスするのがいいなー……
マテイ:(インタビュー場所にあるぬいぐるみを見て)可愛い……!(ひとしきり愛でて)あ、ぬいぐるみと一緒に寝る人いるじゃないですか。そういうぬいぐるみがあったら言ってもらいたいです。
記録:じゃあ、添い寝しているぬいぐるみは何ですか、とか?……なかったらどうしよう。
マテイ:うーん、何か思い入れがあるものとかで。
記録:思い出系だね。
樋田:平和ですね。


記録:今回の公演に対する意気込みをどうぞ。
マテイ:こうやって劇団で公演するのは人生初めてなんで、頑張って楽しんで行きたいと思います。
樋田:そうですね、僕もしっかりやるのは初めてなんで、楽しんで、そして、自分にできることがあれば、それを精一杯やっていこうと思います。










以上、世界大会に出たことがある樋田君と、コスプレ(女キャラ含む)が好きなマテイ君でした!
舞台のある一部は樋田君が設計しています。衣装はほぼマテイ君チョイスで頑張ってます。ご期待ください。
役者としての樋田君も、冴えない気持ち悪めの役を頑張ってますのでぜひご来場くださいませ。




次回は、メジャーを手にした美少女、五十嵐優香さんです!
ご期待ください!
こんばんは。デジタル機器に弱い記録です。
なぜかICレコーダーの録音データがPCで聞けなくなって困ってしまいました。
私は悪くないと信じたいな。



さて、公演が三週間後くらいに迫ってまいりました!
初の公民館練習や通し等を行いましたので、その様子をお送りします。



みんなで発声!
役者は
脚本を
各々
読む!
顔を隠されてしまった!
女の子はメイク!
いわゆる女子会っぽい。
一方、男役者の集い。
音響さんは!
PCの設定!
出来上がり!
色んなスタッフさんの力で公演は成り立つのです。



おまけ

ある日の基礎練習。
脱力姿勢。

からの……

シュバッ!
シュババッ!
ババーン!


といった具合に、手を叩かれた瞬間に一瞬でポーズをとる「スタチュー」という基礎練です。
ちなみに、手を叩かれるまで固まっていないといけません。たとえ片足立ちでも。

面白いポーズもしくは「あ、挑戦したな」って感じの写真を選びました。
体の制御の練習なので劇中でこのポーズになることはおそらくありません。



ネタバレにならない程度って、難しいですね。
記録でした。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
バーコード
Template by kura07, Photo by Abundant Shine
忍者ブログ [PR]