忍者ブログ
~劇団竹蜻蛉の面々が綴る、一言だったり公演紹介だったりする雑記帳~
<< 2017 / 11 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
[ 1 ] [ 2 ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは。印部です。いよいよ明日は春公演本番ですね。


もう春の陽気も姿を消し、夏の雰囲気が感じられるようになってきた気がします。これからだんだんこの暑さが恨めしく思うようになっていくんでしょうかね……


 


さて、今回は最終回インタビュー。我らが春公演の脚本演出を担当してる、くま(坂井樹生)のインタビューです!


 


 


印部「それでは八回インタビューをはじめます!」


 


坂井「よろしくお願いします。」


 


印部「じゃあ名前学年学類ニックネームを。」


 


坂井「人間学群心理学類三年の坂井樹生、本名です。」


 


印部「三年生!!」


 


坂井「心理学類はね、留年制度ないしね()あだなは劇団系ではくまですね。後輩にもくまさんと呼ばれてますね。」


 


このあとくまというあだ名についてしばらく話してたんですけど、文字数の関係上割愛します。


 


印部「じゃあ次、役職はなんでしょう。」


 


坂井「今回公演まさかの脚本演出です。」


 


印部「脚本!演出!!とは何か!!!」


 


坂井「えっとね、ものを書いてこれをこうしてっていう人。」


 


印部「なるほど?もうちょっと詳しく。」


 


坂井「そうだね、やりたいことを脚本にまとめるのが脚本の仕事。演出は、役者に表現をつけたりスタッフさんに自分の表現したいことを伝える仕事です。」


 


印部「まぁつまるところ人に自分の表現したいことを伝える仕事ですね。」


 


坂井「そうなんだよね。人にわがまま言うの苦手なんだよね。」


 


印部「演出はわがままを言わなきゃいけない仕事ですからね。わがままな人にお勧めです()では今回公演の意気込みは?」


 


坂井「えっとね、ラストの舞監口上最後俺やるから、そこ意気込み!」


 


印部「ちいせぇな()


 


※ラストの舞監口上とは、観劇に来てくださったお客様に対してありがとうございましたと例を伝えるとともに劇の終了をお知らせするアナウンスのことです。


 


坂井「いやまぁでもね、ちゃんとしたことを話すね、長くなりそう。」


 


印部「いいよ。」


 


坂井「そもそもこの脚本書くきっかけが、ネギ君と話してて、俺がもともとミステリーが好きで、金田一をちょっと免許合宿の時に貸してたら、それでそんな話になって。そういえば竹とんってミステリーの話ないよねってなって。その時にどうやったら舞台でミステリーできるんだろうって考えて。」


 


印部「劇でミステリーって難しいよね。」


 


坂井「密室トリックとアリバイトリックに関してはこれすごいミステリーの王道なんだけど、舞台っていう一個の場で部屋の密室を作ったりだとか、アリバイトリックでうまく時間差を表現するっていうのがなかなか思いつかなくて無理だと思って。ダイイングメッセージは?って思ってこれならいけるんじゃねってなって。でそれでダイイングメッセージをどうにか考えて、それが一番最初になって今回の劇ができました。」


 


印部「うんうん。」


 


坂井「そう、意気込み?ただミステリーだと、ミステリーが好きな人じゃないと面白くないから、もともとコメディー経験者の多い竹とんで稽古場が楽しかったんで、コメディの要素もほしくなってこんな感じの構成になったよね。だから、ぜひ楽しんでもらいたい。普通にFunnyって意味でもInterestingの意味でも楽しんでもらいたい。っていうのが意気込みかな。稽古場で役者たちからもいい案をいっぱいもらったので、それがプラスの方向に働けばいいかなって思ってます。」


 


印部「なるほどね。そっすね、じゃあ次、あなたにとっての竹蜻蛉とは。」


 


坂井「それさぁ、すっごい難しいんだよね。竹蜻蛉とは、平たく言っちゃうと所属してるサークルなんだよねでもそれだけじゃないんだけど。難しいなぁ……もし竹蜻蛉に入ってなかったら今頃大変だっただろうなぁ…()


 


印部「まさかくままで設問の問い方が間違ってるなんて言わないよな?」


 


坂井()それはやろうと思ってもできない。こういうの一言で言うのが難しい。でも、みんなこう巣に戻れるとか落ち着ける場所って言ってるけど、やっぱそういうのに落ち着くかな。自分が気を遣わずにいられる場所かな。」


 


印部「なるほど、落ち着ける場所という結論に落ち着くわけですね?」


 


坂井「うん。」


 


印部「はい」


 


坂井「普段から楽しいよね。ばか騒ぎできるやつがいたりして。ご飯行ける関係とか、団体としての活動以外でもつながっていて、個人的にすごくそういうのが嬉しい。軽率にとかいうじゃん。それができてる感じ。なんていうか、仲間って感じかな。だから俺にとって竹蜻蛉とはなくてはならないものかもしれない。」


 


印部「パートオブ自分ってやつだね。」


 


坂井「結構ガチで言ってるけど()


 


印部「全部載せますよー。それではリレー形式の質問です。Fromまこさんtoくまへ。大学生活折り返し地点となってまいりましたが、大学生活残りに二年間で何がしたいですか。」


 


坂井「()なんだろうなぁ。健康な体と健康な心をもって自分を大切にしてくれる人に恩返しをする。」


 


印部「かっこいいな()


 


坂井「これはでも生きていくうえで残り二年間ってわけではないな。なんか二年で死ぬみたいじゃん。()


 


印部「寿命二年()


 


坂井「あとこれニューなんだけど、自分を大切にする。図語彙当たり前なことなんだけど、真理だと思うんだよね。できるかどうかは別として、そうやっていきたいよね。」


 


印部「いいんじゃないですかね。」


 


坂井「あとはなんだろうな。劇団系でもっと交友関係を広げたいな。部活の先輩後輩関係ってすごい好きで。クラスとはまた違うじゃん。」


 


印部「まぁね。」


 


坂井「そういう関係がすごく好きで。お金がある時に後輩におごりたいなぁ…先輩後輩と楽しくかかわりたい。かなぁ。」


 


印部「いいねぇ。」


 


坂井「あと長生きしたい()


 


印部「それは初めて聞いた。()


 


坂井「まぁ理由は言わずもがなだよねぇ。」


 


坂井「学業とか生活とかのバランスをうまくできるようになりたいよね。だからあれだよね、二年間で具体的になりたいことって、そういうことなのかもしれないね。割り振りをうまくする。」


 


印部「今後の目標って感じだね。()


 


坂井「あとなんだろね、これ書いたらいろんな人から暴言飛んできそうだけど、ディズニーランドには一回行ってみたい。」


 


印部「ちなみに誰ととか聞いておいた方がインタビュー記事になるかな?」


 


坂井「記事にはなるけど、まぁね。」


 


印部「ご想像にお任せしますと?()


 


坂井「うん、それでお願いします。」


 


印部「いやね面白いよね。じゃあそんな感じで、ありがとうございました。」


 


坂井「ありがとうございました。」


 


 


 


以上くまのインタビュー記事でした!!

PR

 


 




篠原です。



 



前回インタビューでは、一部過ぎた内容を含んだ記事を掲載してしまい、ブログを読んでくれている方々には不快な思いをさせてしまいました。大変申し訳ありません。



 



もちろん不愉快な思いにさせようといった意図はありません。



今回起こってしまったことを反省し、今後ブログ記事を楽しんで読んで頂けるようにさらに努力していきたいと思います。



 



また、今後はこのような事態が起こらないよう十分注意をしますが、もし記事に対してご意見等ありましたら、コメント欄があるのでどなたでも自由にコメントして頂けると幸いです。



 



 



それでは、第八回インタビューに参りましょう。



 



篠原:まず名前、学年、学類を教えてください!



 



佐藤:佐藤真琴、3年、知識情報図書館学類です!



 



篠原:まこさん!今回の役職はなんでしょう?



 



佐藤:衣装メイクの仕事を預かってます。



 



篠原:たけとんの衣装メイクと言えばまこさんですね!!私も日々教わることが多いです笑。



 



佐藤:そういってもらえると自信がでます!今回はかなり無理したけど、その分希望には近づいたはず...



 



篠原:衣装すごいですね!!!舞台が令嬢のお屋敷ですからね!豪華ですね!



さて、テンプレな質問ですがあなたにとって劇団竹蜻蛉とはなんでしょうか?



 



佐藤:んー、難しいなぁ。考えたことなかったけど…



新しいことにチャレンジする場所になったかな。これまで文化祭くらいしか演劇に関わったことがなくて、それが楽しかったから覗いてみたらすごくやりがいのあるところだったみたいな感じでいる。



もともとイベントを運営するのが好きだったから、竹蜻蛉は忙しくても楽しいです。



私は役者よりも衣装メイクをやることのほうが断然多くて、そういうのは自分のアイデア次第で忙しくも暇にもできるけど、それに比例してキャラクターの個性が濃くなったり薄くなったりするのがたまらないです。



特にお客さんに見てほしかったところに気がついてもらえたときは飛び上がるほどうれしい!!



                                                                        



篠原:おおおぉぉお!!!



 



佐藤:長ければ好きに使ってください。



 



篠原:いやぁすばらしい解答をありがとうございます!!それではまこさんから次のひと…おそらくひだげんへの質問を考えて頂きたく……あ、ちがう!!



 



佐藤:ちがうのwww



 



篠原:ひだげん(前回登場)じゃなくてくまさん(次回登場)ですね!笑



ラスト質問です!!



 



佐藤:みんなどんな感じ?ふざけてる??



 



篠原:んーー、それぞれですね。



 



佐藤:「大学生活残り2年、何がやりたい?」これで!



 



篠原:おー!くまさんの答えが楽しみですねー!ちなみにまこさんはなんかやりたいこととかあるんですか?



 



佐藤:旅行に行きたい!北海道!それか沖縄!海外でもいいなあハワイ行きたい。



 



篠原:ああぁいいですねぇ!!海外行きたい!



 



佐藤:せっかくパスポート作ったから使わなきゃ。



 



篠原:パスポート!海外いったんですか!?



 



佐藤:い……………………行ってない……つくった、だけ…………ふふ………



 



篠原:あ、いつか行くというていで…笑



じゃあ、最後に何かいいたいことはありますか?



 



佐藤:今回の公演はすごく楽しくて、面白いものになってます。是非お嬢様の館へ足をお運び下さいませ。当家使用人総員でおもてなし致します!…よし、かっこいい。これで。



 



篠原:か、かっこいい…ですね!笑



 



佐藤:口で言ったらすごい噛みそうになるけどね!!



 



篠原:そうですね!ラインインタビューが功を成しましたね!笑



 



佐藤:そうだねwww



 



 



実はまこさんは故郷岡山に帰っていたため、ラインインタビューをさせて頂きました。



 



 



篠原:以上です!まこさんありがとうございました~。



 



 



 



まこさんでした!



衣装は買うとほんとにお金かかるんですよね。そのへんの裁量も衣装さんの大変なところだと思います。



メイクに関してはもう…ほんとうにまこさんに助けられてます…ほんとうに……



 



次回はラスト、演出くまさんです!



 




 


 


みなさんこんにちは。日本に帰ってきました印部です!


1限起きるのがだんだんつらくなってきた頃合いではないでしょうか?春眠って感じですよね最近。


 


そんな感じで、以前更新できなかったラブイバーひだげんのインタビューです!!


 


 


 


印部「それでは、第五回インタビューですよろしくお願いします。」


 


樋田「よろしくお願いします。」


 


印部「それじゃあ名前ニックネーム学類を。」


 


樋田「名前は樋田源太郎」


 


印部「()ここで言い方かっこつけても文字になるから。」


 


樋田「そーかー、無駄にかっこつけてしまった安直なニックネームでひだげんです。学類は化学ですね。」


 


印部「じゃあ次の質問、今回公演での役職は。」


 


樋田「うーんなんなんだろう、役者とまぁフリスタですかね。」


 


印部「じゃあ、役者はどんな役ですかね。」


 


樋田「役者ですかね、とりあえず刑事なんですけど。」


 


印部「いいね、かっこいいね。」


 


樋田「かっこいい。」


 


印部「名前がもう、刑事って書いてデカって読みたいもん。」


 


樋田「いやぁ読みたいっすね。」


 


印部「なんであれデカって読むんだろう


 


樋田「なんでしたっけね。」


 


沈黙


 


樋田「まぁ置いときましょう。」


 


印部「そうだね。」


 


樋田「そんなデカな私がね。」


 


印部「いろいろと大きい。」


 


樋田「うるせぇ()


 


印部「()


 


樋田「奇抜な連中の中に迷い込んでしまった堅物みたいな感じですかね。」


 


印部「間違ってないね。」


 


樋田「うん。そうですね。」


 


印部「ひだげんいつもふにゃふにゃしてるから、堅物の演技期待ですね。」


 


樋田「そうですかね。いつも真面目にしてるはずなんですけど。」


 


印部「じゃあ次の質問行きましょう。」


 


樋田「あれー??」


 


印部「えっと、フリースタッフはどんなことをするのかな?」


 


樋田「フリスタとは、フリーなスタッフの略なんですけど。」


 


印部「あーへー勉強になるー。」


 


樋田「いやぁ賢いですからね。」


 


印部「すごいねいや賢いね。」


 


樋田「賢いかわいい。」


 


印部「エリーチカ」


 


樋田、印部「イエェェイ!()


 


樋田「ハラショー!」


 


印部「ハラショー()


 


樋田「オーチンハラショー↑↑


 


印部「ヤトージェ、えっとなんだっけ。」


 


樋田「なんだっけ。」


 


印部「そうだ、そのフリーなスタッフで。」


 


樋田「まぁ自由に使っていただければって感じですね。」


 


印部「そんな感じだよね。じゃあ今回公演の意気込みを。」


 


樋田「意気込みかぁー、たまには真面目な回答をしようかなと思うんですけど。」


 


印部「どうぞ。」


 


樋田「お客さんに向けての方で言うと、新歓時期の公演と銘打ってるものなので、竹蜻蛉の劇の雰囲気とかメンバーの雰囲気を感じていただけるような公演にしていきたいです。自分の役柄的なことでは、自分は二枚目の役は絶対に似合わないと思うんですよ。」


 


印部「ほう。」


 


樋田「まぁ三枚目をやるために始めたみたいなところもあって。」


 


印部「それは聞いたことなかった。」


 


樋田「そうなんですか。やるなら絶対それって感じで。それができる劇団を探してたんですよ。」


 


印部「そうなんだ?()


 


樋田「それで入ったんです。それで今までの役でも気持ち悪い役みたいなのが多かったんですけど、今回は初めての堅物みたいな感じなんで。」


 


印部「新しい役柄で。」


 


樋田「新鮮ですよね。」


 


印部「もともと堅物なキャラってそうそうできないもんね。」


 


樋田「確かになぁ。難しいですよね。」


 


印部「なるほど三枚目か。まぁじゃあそんな新しい役柄を頑張っていきたいと。」


 


樋田「はい。」


 


印部「いいですね。おけ、あなたにとっての竹蜻蛉はなんでしょう。」


 


樋田「んー竹蜻蛉ですか、いろいろなおふざけも許されるようなこともありつつ、気軽にいられる場所ですかね。」


 


印部「面白いね。じゃあ最後リレー形式のインタビュー。じょんじょんから。ご飯かパンか麺か。」


 


樋田「は?」


 


印部「()


 


樋田「ご飯かパンか麺か。ちょっとアバウトすぎますね。」


 


印部「いいよ好きに解釈して。」


 


樋田「好きに解釈。」


 


シンキングタイム


 


樋田「自分はあれですね、パスタみたいなやつですね。」


 


印部「()なるほどね、自分に向けたわけだね。」


 


樋田「ちょっとうまいこと言おうとしますよ?」


 


印部「前置き()どうぞ。」


 


樋田「最初はガッチガチなやつなんですよ。けど接していったりするとだんだんあたりが柔らかくなったりとかするわけですよ、自分の素がでたりとか。だけど甘やかしすぎるとどこまでもふにゃふにゃしていっちゃうんですよね。」


 


印部「なるほど?()


 


樋田「でも厳しくされすぎても何もできなくなっちゃうとかそういう部分もあって。だからそういう適度なところが一番歯ごたえがあるというか。」


 


印部「アルデンテですね。」


 


樋田「アルデンテです。アルデンテの部分が一番いいですね。で、竹蜻蛉にいるときはアルデンテな状態なんじゃないかなって。言ってて気づきましたけど、全然お米でも大丈夫ですねコレ。」


 


印部「うん。思った()


 


樋田「下手な解釈しなければよかった。」


 


印部「特にうまいってわけでもなかったしね。」


 


樋田「全然うまくないですね。」


 


樋田、印部「()


 


樋田「その中だったらどうだろうな、食べるとすると、朝はパン。」


 


印部「朝はパン


 


樋田、印部「パンパパン


 


樋田「昼は麺。」


 


印部「昼は麺


 


樋田、印部「麺め麺()


 


樋田「夜はご飯。」


 


沈黙


 


印部「だめだねこれ()


 


樋田「だめだこれ()ご飯はんははん??」


 


印部「()で、なんで?」


 


樋田「なんで?」


 


印部「あぁ、ご飯だと何とかパンどういうパンとか、いろいろ種類豊富じゃん。」


 


樋田「朝は糖分取らないと生きていけない人間なんで、朝は菓子パンを食べることから始まります。」


 


印部「うん。」


 


樋田「昼はね。」


 


印部「(小声で)ひだげん朝食食べるの?」


 


樋田「あんまり食べないです。」


 


樋田、印部「()


 


樋田「朝起きられた時の話です。朝起きられて、調子が良かったら菓子パン食べますね。」


 


印部「うんうん。」


 


樋田「昼はなんでだかわからないけど、麺が食べたくなるな。」


 


印部「まぁ楽だしね。」


 


樋田「うん。で夜はなんか米食べないと、一日をやりきった感がないですね。」


 


印部「なるほどね。ガッツリと。」


 


樋田「はい。だから太るんでしょうね。」


 


印部「なるほど。朝昼ガッツリ食べて夜押さえればいいんだけどね。」


 


樋田「そうなんですよね。()それができればもう。うん。」


 


印部「おーけー、予想以上の回答だった。じゃ、次の人への質問。」


 


樋田「うーんどうしよっかなぁSですかMですか?」


 


印部「これは解釈は好きにしていいのかな?」


 


樋田「まぁどうぞ、お任せいたしましょう。」


 


印部「なるほどね。インタビューそんな感じで。ありがとうございました。」


 


樋田「うす。」


 


 


 


以上ひだげんのインタビューでした!

さてさて、今回は見た目だけは大学生な(なお身長を除く)だーしまさんです!

 

ねぎさんの質問にどう答えてくれるかが見物ですね。

 

 



篠原:名前・学年・学類を教えてください!

 

島田:だーしまこと2年の島田祐樹、学類は知識情報・図書館学類です。

 

篠原:だーしまさん、島田祐樹ってもはやだれって感じですね。

 

島田:そうっすね笑。下の名前とか呼ばれないですし。

 

篠原:今回の役職は何でしょう?

 

島田:音響補佐やらせていただいてます。

 

篠原:おんきょう!ほさ!だーしまは様々な音響の闇をくぐり抜けてきた音響のプロですからね!!今回音響のけんけん(次回登場)が新歓担当で忙しいからね!補佐の腕の見せ所ですね!!

 

島田:そうですねー。特に今年は音響勢が少なくなってしまったんで是非彼に音響の仕事を覚えてほしいです笑。

 

去年度に優秀な音響人員が3人ほど卒業してしまいました。かなしい。

 

篠原:けんけんの今後の活躍に乞うご期待!ですね!照明さんに殺されないように気をつけて

 

島田:照明は過激派が多いですからね

 

篠原:音響の注目すべきところはここだっ!!っていうのはありますか?

 

島田:今回は補佐なんであんまり中身までは突っ込んでないんですけど、BGMとかカーテンコールは聞いてほしいですね。普段見ているぶんには意識されない「音」ですけど、認知が無意識なぶん雰囲気を作る上ではかなり重要なので。

 

篠原:いいコメントですね!!公演は客入れ曲に始まりカテコ曲で終わりますからね。始まりと最後を飾る重要な役職やね!そうですね。人は無意識のうちにそういった感覚刺激に左右されてるんやろね心理学類の血が騒ぐぜ…..

 

島田:これが学問と演劇のコラボレーション総合科目にありそう

 

篠原:それでは次の質問に参りましょう!ずばり!あなたにとって竹蜻蛉とはなんですか?

 

島田:うーーん、一言で言うなら本学のホームって感じですかね笑。普段いる春日から本学に行くと、なんというか若干慣れてない感があるんですけど、竹蜻蛉のMT場所に行ったりメンバーに会ったりするとほっとしますからねー。雰囲気もアットホームな感じがあると個人的には思ってるので。

 

篠原:なるほどー。たしかに和気あいあいとした雰囲気はありますねー。なんだかいつもよりまじめに答えてくれるねぇ。

 

島田:いつも真面目ですよー!竹蜻蛉の良心ですからね。(ドヤァ)

 

篠原:いつもまじめ……??

 

島田:真面目なんで単位落としてないですよ!

 

篠原:うたんいドイツ語(必修)落としたから何も言えぬ……

さて!前の人からのからの質問が...いささか難易度の高い質問ですね。「三菱自動車の不正について知識的観点、情報的観点、図書館的観点から論ぜよ」だそうです!私が聞かれたら一文字も答えるつもりはありませんが、知識情報・図書館学類のだーしまさんならきっと適切かつ知的なコメントをしてくれることでしょう!!!

 

島田:知識的に見ると「やべぇ」、情報的に見ると「マジパネェ」、図書館的に見ると「それな」ですね。ちょっとまだボキャ貧なんでたくさん考えているうちの一部しか言えないんですけど、言いたいことをこの字面から感じ取ってほしいです。

 

篠原:ほほう。ちょっと感じ取るには難易度が高いですね

 

島田:そこは「考えるな。感じろ。」って感じですね。

 

篠原:それでは最後に、次の人への質問となにかひとことお願いします!

島田:うーん、いざ考えると出てきませんね。じゃあここは知識らしく(?)「あなたにとって春日エリアとは何か」でお願いします。駐輪場とか言ったらコロス。みんな!春日エリアのことも認識してあげてね!

 

篠原:なるほど笑。春日大学ね。たしかに認知度は低いからね~。

 

島田:春日の認知度を上げていきたい。

 

篠原:だーしまさんでした!ありがとうございました~。

 


パチパチパチパチ

 

 


春日大学を愛してやまないだーしまさんでした!



 

 

 

 

おひさしぶりのインタビューです。

今日から印部氏に代わりましてもう1人の広報、篠原がお送りします。

印部さんはどうしたのかというと、あまり詳しいことは言えませんが、現在海外旅行という名の国外追放中であり音信不通なのでインタビューができないと......

さてさて、今回のインタビューは、春公演でさまざまな役職を担っているねぎさんです!

稽古のお昼休憩中に突撃したので途中いろんな人の声が飛び交ってきますがご了承を...


篠原:はい始まりました。インタビューです。まず、名前・学年・学類をお願いします。

ねぎ:えー、ねぎ・2年・工シス....................3年だ!!

(一同爆笑)

ねぎ:工シス3年ねぎです。

篠原:はい、工シス3年ねぎさん。

(一同もぐもぐしながら)

篠原:今回の役職はなんですか?

ねぎ:役者やってます。あとー、舞監とー、舞美補佐と宣美助手です。本スタッフと助手と補佐をコンプしてます。

(一同爆笑)

篠原:あれ、あと何きくんだっけ?

五十嵐:なんか役者がどういう役かとかそういうの...

篠原:あ、そっかそっか。役者っていうのはどんな役者なんですかね?

(一同もぐもぐしながら)

ねぎ:こんな役者です笑。なんか、茂木会社っていう貿易会社の社長の息子なんですけどー、お嬢様に恋をしてるんですね。でも、まあそのお嬢様が殺されてしまうと。その心境を表現できたらと。

篠原:じゃあねぎさんは犯人ではないと?

ねぎ:まだわかんないですねー。痴情のもつれということもあり得ますし。

(一同爆笑)

ねぎ:その辺推理しながら見ていただくのも今回の見どころかなーと思います。

篠原:ミステリーですからね。今回。

ねぎ:ミステリーとサスペンスの違いって分かります?

篠原:あ、なんか小学生のときテレビで見たことあります。

ねぎ:そうなんだ。あ、僕知らないんですけどー。

(一同爆笑)

ねぎ:教えてもらってもいいですか?

(一同爆笑)

渡辺:どっちがインタビューしてんだ笑。

篠原:合ってるか分かんないんですけど、犯人が分かってるのがサスペンスで分かんないのがミステリーみたいな。

ねぎ:じゃあ今回のはやっぱりミステリーなんですね。

(一同ミステリーとサスペンスの話題で盛り上がる)

ねぎ:コロンボって知ってる?

他3人:名前は聞いたことあるけどー...

ねぎ:僕すごい好きなんだけど、犯人が何かしら殺すところから始まってコロンボとやり取りするんだけどー、見てるこっちは犯人分かってるからー、なんかそういう楽しさはある。何言ってんだこいつっていう。

他3人:へーーーなるほど。

篠原:ミステリーとか見ないから全然わからない...

ねぎ:相棒とかは?

篠原:あ~みてない.....

ねぎ:成宮くんがねぇ。かっこいいんですよ。もうさぁぁ、かいとくんほんとかっこいいからさぁほんと。なんかーイーアスとかで映画観に行ったときに成宮くんの等身大パネルがあってー、数分間眺めちゃったよね。

(一同爆笑)

篠原:なるほど笑。さて本題に戻りましょう。

渡辺:なんか役職とか。

篠原:あー。宣美とか結構お仕事してますよね。

ねぎ:じょんじょんが絵を描く担当で僕が文字入れとかデータ扱ったりとか。画力に頼らなくていいところをやってます笑。

篠原:予告状とか招待状とかも。ちなみになんですけど、あの予告状の文面って誰が考えたんですか?

ねぎ:あれは~...演出さんですね。

演出さん:いやねぎくんでしょ。

(一同爆笑)

ねぎ:今回の演出さん、坂井樹生っていうんですけど、かなりの中2病患者なので。

篠原:意外ですね。ミステリーオタクなのは知ってたんですけど。

ねぎ:ミステリーオタクだから予告状の文面とかも知ってるし。

(一同納得)

ねぎ:なんかたかとうとか好きだし。

篠原:タカトー?

ねぎ:金田一に出てくるやつでー...そう!それも!成宮くんがやってるんですよ!!!

(一同爆笑)

ねぎ:いやなんかもう実写とかだとこれ違うなとかあるけど成宮くんはもうかっこよくてー......てか舞監の話とかしなくていい?

篠原:たしかに笑。

ねぎ:普段は舞美やってるんですけどー、今回は舞監です。

(以下オフレコな内部事情の話)

ねぎ:たけとん入って1年2年くらい経つとやりたくなるんじゃないかなー?

篠原・五十嵐:やりたくなるのかなー?

篠原:さて、ひだげんからの質問なんですけど、Sですか?Mですか?だそうです。

(一同爆笑)

実はこの前にひだげんへのインタビューがあったのですが、印部氏がデータを国外に持ち去ったためラストに回されるという裏話が...ひだげんのインタビューもお楽しみに。

ねぎ:なるほど。...実は劇団竹蜻蛉には変態として名を知られている、渡辺さんという偉大なる先輩がいまして。

渡辺:すごい罵倒されてる...

ねぎ:以前そういうことについて談義したことがあるんですけどー...どんな話でしたっけ?

渡辺:ど、どれ?いっぱい言った......

(一同爆笑)

ねぎ:なんかMっていうのはただ痛めつけられるのがうれしいわけではなく、自分のすべてを相手に委ねるのが快感って聞いたことあるんですよー。

渡辺:あー、そういう話もしたね。

ねぎ:そういう部分にはすごい共感できるのでそういう意味ではMなのかなと。

篠原:深いですね。竹蜻蛉ではそんな深い談義が行われていたんですね。

ねぎ:日々行われています。

(一同爆笑)

ねぎ:「SM判定フォーラム」っていう曲があるんですよ。いぬぼくシークレットサービスっていう素晴らしい漫画がありまして。それが2,3年前にアニメ化されまして。その中のドSキャラがひたすら「お前はSなのか?Mなのか?」って叫び続ける歌なんですよ。聞きますか?あ、ってかブログにURL貼っといてくれる?

(以下「SM判定フォーラム」を流しながら)

篠原:じゃあ、あなたにとって竹蜻蛉とはなにか?っていうのを。

ねぎ:ん~~。こういう話ができる団体?笑

(「SM判定フォーラム」を聞きながらシンキングタイム)

ねぎ:宮野さんがかっこいいんですよね。好きなんですよ。シュタインズゲートの話したっけ?あ、今度見よ?...あ、竹蜻蛉とは何かだっけ?まあ、楽しいことができる団体ですね。

篠原:楽しい...中身が気になりますね。

ねぎ:中身は入団してからしてもらうということで。

篠原:あ、それで質問はなんでしょう?

ねぎ:「三菱自動車の燃費の不正についてどう思いますか?」

(一同しばらく爆笑)

ねぎ:次のひとだれだっけ?

篠原:だーしまですかね?

ねぎ:だーしま知識(学類)だっけ?じゃあ、知識的観点、情報的観点、図書館的観点から述べよ。

(一同爆笑)

篠原:なるほど笑。最後に言い残したこととかないですか?

ねぎ:じゃあ、1年生に向けたこととかを......んー、特にないなぁ。あ、いや、ん~~~~~、ないな笑。


以上、ねぎさんインタビューでした!
結局30分近くインタビューしてましたが、なんというか面白い話がいろいろときけました......

次回、だーしまはちゃんと質問に答えられるのか見どころですね。お楽しみに。








カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
バーコード
Template by kura07, Photo by Abundant Shine
忍者ブログ [PR]