忍者ブログ
~劇団竹蜻蛉の面々が綴る、一言だったり公演紹介だったりする雑記帳~
<< 2017 / 10 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
[ 483 ] [ 482 ] [ 481 ] [ 480 ] [ 479 ] [ 478 ] [ 477 ] [ 476 ] [ 475 ] [ 474 ] [ 473 ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日、今年度初めて雪を見ました。
卒公演出、勝又です。

ちょっと、昔話をします。
僕は一年生のとき宿舎に入り、初めて積もっている雪や凍っている道路というものを体験しました。
正直に言えばそれは僕にとって創作上のものでした。
それらに対する評価は芸人のリアクション(ひとくくりにするのは失礼かもしれませんが)と同じように誇張されているものだと思っていました。
百聞は一見に如かず。自分の体験しないことは人間わからないものですね。


卒業公演は、小森谷さんが何度か書いてくれていましたが、
「けれど、スクリーンいっぱいの星」
という「高橋いさを」さん脚本の公演をします。

僕は同脚本家のお芝居を一年の卒業公演で、山村刑事の役を演じました。
三年でも僕主催の劇団で「バンク・バン・レッスン」の強盗役を演じました。
つまり、「高橋いさを」さん脚本のお芝居をやるのは三度目です。

他にも、一年生のとき、「ウォルター・ミティにさよなら」という「高橋いさを」さんの脚本を、某筑波の劇団が公演していたことをよく覚えています。
隣で軽音楽系のサークルがライブをやってるのにも関わらずその音すら聞こえなくなるほど熱中できる芝居でした。

なんだかよくわからないけど、僕はこの人に縁があるようです。
小難しい話をするつもりはありません、
僕はこの人のお芝居が好きです。
見るのも、演るのも。

願わくは、この気持ちが伝わればいいと思います。
僕の感じた気持ちは、言葉で伝えてもわからないかもしれないけど、お芝居を通じて、何か通じたらいいなと思います。
それは僕が感じた何かとは違うかもしれないけどそれでも、何か通じたらいいなと。

卒業公演、ぜひお誘いあわせの上ご来場ください。
卒公演出でした。
PR
Send Comment
Name
Title
MailAdress
URL
Comment
Color
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
0 Comment(s)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
バーコード
Template by kura07, Photo by Abundant Shine
忍者ブログ [PR]