忍者ブログ
~劇団竹蜻蛉の面々が綴る、一言だったり公演紹介だったりする雑記帳~
<< 2017 / 03 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
[ 8 ] [ 9 ] [ 7 ] [ 6 ] [ 5 ] [ 3 ]
誰も書かないなら口火を切ってみようと思います。
新3年のながたです。
…3年生らしいです。エイプリルフールは終わってます。
大学の中では上級生の部類に入りました。
もう入学してから半分過ぎました。
早い。

年度が変わる時って、誕生日よりも歳を取った実感があります。
歳を取る、という表現が適切かは分からないけど。
成長?とも違う。うーん。
やっぱり歳をとるでいいです。
新しい環境に行く時は当然のこと。
中学生かぁ、とか、高校って何やねん、とか。
うん。成長してます。それを確実に実感する。
…あれ、成長?まあいっか。
そして学年が上がる時。
2年生、後輩が入って来ますね。
自分が先輩になるわけです。
楽しみだったり、怖かったり。
さらに学年があがるにつれて、
例えば自分が1年生だった頃の3年生と重ね合わせて、
自分はああなれるのだろうか、と心配するわけです。

ここまで書いて、歳をとるや成長するに代わる言葉、思い付きました。
背負うものが増える、とでもいうのでしょうか。
歳の重み?
例え自分が何一つ成長してなくても、
周りの目はその日を境に変わるわけですから。
嫌でも自覚は芽生えます。
3年生、1年生の時の2つ上。2年生の時の1つ上。
…えー。比べると落ち込みそう。
でもそうやって追える背中があるっていいことだと思います。
私には追える背中、なかった時もあるので。
…物理的にいなかったんですよ?能力的な自信過剰じゃないです。

そんなこんなで、だんだんうまくまとめられない気がしてきましたが、
まあとりあえず、気張らない程度に頑張りますということで。
就活やらもあるんだよなー。卒論も考えなきゃ。
というか卒業単位足りるのかな。
…本業の学業のこと考えたら鬱になってきた。
あ、鬱って漢字で書ける人どのくらいいます?
私は書けません。

徒然なるままに。
つれづれを一文字変えたらつんでれになる、とか思ったのは秘密。
しかも2文字変えなきゃいけないことに今気付いたなんて…!

僕らが1年生の時3年生だった方々は、
院に行ったり就職したり、様々な新たな道を歩んでるようです。
あと2年か…。うん、鬱にな(蹴)
やっぱり緊張するんでしょうか。
どんなものなんでしょうか。
働くってこと。未知の世界です。バイトはしてるけど。
あ、2年生は、もし僕らが先輩っぽく見えたならば、
何一つとして心配しなくていいと思います。
見えなかったなら、頑張ってー(爆)

長くなってきたし収拾つかなくなってきたので、この辺で。
誰も書かないから口火を切ろうとしてノープランで書きました。
でもそれでいいと思います。

今日は練習ないので、音響探しつつ自主練でもしようかな。
夕方あたり3学にいるかもです。暇な方いたら、ご一緒に。
PR
Send Comment
Name
Title
MailAdress
URL
Comment
Color
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
あらら
自主練おつかっれっす。
休日は徹夜→肉体労働→バイトのコンボで死にそうです。

PCからはまだ投稿不可みたいですね。
るーるーるー
RYO! 2009/04/04 Sat 00:24 Edit
いつのまに
いつの間にブログが(笑)
OB・OGも書き込めるってマジか。
…まぁ、多分書かないけど。


先輩って何であんなに神がかってて、後輩って何であんなに頼りなく見(ry
アキレスと亀?不思議だよね~
ひぃ 2009/04/04 Sat 12:45 Edit
無題
PCからの投稿もできるようになってますよ?設定いじってないのでそこは変わらないはず…。
もりた 2009/04/08 Wed 15:24 Edit
disputed record assumptions melts wire
include ozone land external governments
taytpatch Mail URL 2010/03/08 Mon 11:37 Edit
4 Comment(s)
Trackback
URL :
0 Trackback(s)
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
13 17 18
19 20 21 22 23 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
バーコード
Template by kura07, Photo by Abundant Shine
忍者ブログ [PR]