忍者ブログ
~劇団竹蜻蛉の面々が綴る、一言だったり公演紹介だったりする雑記帳~
<< 2017 / 10 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
[ 560 ] [ 559 ] [ 558 ] [ 557 ] [ 556 ] [ 555 ] [ 554 ] [ 553 ] [ 552 ] [ 551 ] [ 550 ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

公演から早いもので一週間が過ぎてしまいました。
第183回春公演演出です。
これが演出としての最後のお仕事ですかね。公演後の演出挨拶です。

まずはご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。
公演は観ていただいて初めて成立するものです。
ですから今回多くのお客様にご来場いただけて自分はとてもうれしかったです。
「これだけの人がこの公演に興味をもって足を運んでくれたんだな」
受付をしながら、場内をしながらそんなことを考えていました。
そしてできればこれからも劇団竹蜻蛉の公演に足を運んでいただければ幸いです。

そしてあっという間の公演期間を自分と共に駆け抜けてくれた関係者のみんな。
役者のみんな、毎日いろいろなものの生まれる稽古場が演出は楽しかったです。
役者としてはとても大変だったかもしれないけど。
でもこの公演がこんなに楽しいものになったのは紛れもなく
あの稽古場があったからです。本当に感謝しています。
スタッフのみんな、今回公演はそれぞれのスタッフの能力が高くて
演出は頼りっきりでした。たくさん助けてもらいました。本当にありがとう。

話は変わりますが、印象に残った出来事を一つ。
本番直前、演出が関係者の士気を上げる一言を言う時のことでした。
ここぞとばかりに意気込んで、でも結局大事なところで噛んでしまいちょっとした面白エピソードになってしまって。
その時「でもくまさんらしくていいんじゃないですか」との一声。
「おいおい」とは思いましたが確かに自分らしいのかなと。
何よりその時ガチガチに感じられていた空気がふっとよい緊張に変わった感じがしました。
(元々緊張してたのはお前だけだよとか言われそうですが)
あと、自分のポジションがあるということがとてもうれしかったです。

なんか後半ただの感想文みたいになっちゃいましたね。
あ、なんか真面目に語ってますけど消えちゃうとかそんなんじゃないんで、まだ3年なんで。
ただちょっと面と向かって言えないようなことを一人でぶつくさ言ってみただけです。

というわけで公演も無事終わったので自分は森の中で
お嬢さんと出会う日々にでも戻りましょうかね。
それでは最後にもう一度、ご来場いただいた皆様、関係者のみんな
本当にありがとうございました!

あ、知り合いのみなさん、ご飯は軽率に誘ってくださいね。
相変わらず食い意地の張った春公演演出でした。
PR
Send Comment
Name
Title
MailAdress
URL
Comment
Color
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
0 Comment(s)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
バーコード
Template by kura07, Photo by Abundant Shine
忍者ブログ [PR]