忍者ブログ
~劇団竹蜻蛉の面々が綴る、一言だったり公演紹介だったりする雑記帳~
<< 2017 / 01 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
[ 40 ] [ 39 ] [ 38 ] [ 37 ] [ 36 ] [ 35 ] [ 34 ] [ 33 ] [ 32 ] [ 31 ] [ 29 ]
 財前です。








財前です。







財前です。







今回は宣伝をやります。






今回は宣伝をやります。












そう、今回は宣伝担当です。









うふふ。












あらら、来週って書いといたのに。
しょーがないなぁまったく(嬉




はいどーもこんばんわ。
新入生たくさん入るといいなぁと思ってるのは実は自分だけだったんじゃないかと最近やっと自覚しました。
情報メディア創成学類2年、財前です。このブログではRYO!と名乗っています。実名出すのはここまでです。






で、本題。
今回は宣伝スタッフです。
でも、宣伝スタッフが何をするか、実はまだ何も知らなかったりします。




今回はここまでの導入は無視して自分の演劇観を語ります。
しかし無計画なのでまとまらないまま見切り発車いたします。
閉まるドアにご注意ください…




舞台とは、集団行動。
足並みを乱したら負けです。








たけとんは基本内輪向けサークルです。
見に来てくれるのは毎回が他劇の方やOBOGなど、それほど大差ありません。









これは裏を返せば、毎公演に自分たちの成長を見てくれるひとがいる、ということです。






やっぱり演劇は見てくれる人がいてこそ。
わざわざ足を運んでくれるんだから、最低でも失礼のないような舞台つくりを常々こころがけたいというのが私の考え。






自分の好き勝手にやる芝居で、面白いのは自分だけかもしれない。








そんなのは嫌だ。自己満足で終わらせるなんてぜったいやだ。








じゃぁ、自分の作った芝居で誰かが喜んでくれると?











その誰かは、どうしたら自分の作った芝居で喜んでくれる?









どうすれば「楽しかった」って言ってもらえる?









ひとたびお客さんのことを考え始めたら、そこから舞台は始まるんだと思います。












「本日はご来場、まことにありがとうございました。どうぞ最後まで、心行くまでお楽しみください。」










心から、そう言える舞台が作りたいです。








んー軟着陸ですねー。
ブログって難しい。
また気が向いたら投稿します。
ではでは。
PR
Send Comment
Name
Title
MailAdress
URL
Comment
Color
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
きゅっぼんぼん
yes.
芝居で一番大切なことは人に見てもらっていることを意識すること。

正直今まで見た竹蜻蛉の芝居で欠けていたようにも思うところ。


というのも、実はこれが一番難しい。



テレビはつまらなければ、チャンネルを変えることができる。
音量を調節することができる。
電源を消すことができる。

主導権は見る側にある。


しかし、芝居における主導権は完全に芝居側にある。
客を拘束する。
終わるまで帰らせない(まあ帰れますが・・・)。
チャンネルもない。音量調節もない。

すべては芝居を作る側にゆだねられている。


だからこそ、芝居を作る際、いかに客を退屈させないかが重要となる。

退屈しない芝居は一言でいえば楽しい芝居ということ。
ってあたりまえやん。
っておもいますよね。
もっと厳密にいうと、面白い芝居。
さらに厳密にいうと、惹かれる芝居。



では、どうすれば客を芝居の中に引き込めるか。
一番重要なのは感情移入。かな。


でもこれについて語るとやっぱり字数が面倒なので・・・。


眠い。ネル。
コント喫茶直後退団したヘタレ 2009/05/13 Wed 02:01 Edit
んー。
良い芝居作りたいなら、とりあえず自分に厳しくなるとこからはじめたら良いと思うよ。
あと、人には優しく(笑)

人は個人の自覚で動くから、やさしい人は逆に冷たい理論ですよね。


宣伝は芝居の中で一番最初にお客さんに触れる部分。
財前宣美に期待してますぜ☆

あ。こんなとこですけど明日の練習は行こうかなと(ひっそりアピ)
1年生の皆さん、来てくれるの心から楽しみにしてます、お待ちしてますね!!

今日は教育実習のため母校へ行きます。
4年のこかわでした。
こかわ 2009/05/13 Wed 07:43 Edit
オレ、ガンバル。オマエ、ミテルダケ?
>ヘタレ、こかわ

すでに自分に厳しくあたっている場合は?

すでに人に最大限やさしくしている場合は?

ちょっとがんばっちゃったぐらいで、またそんなちっさい疑問にぶち当たるんですね。弱いなぁジブン。

もっと、相手の目を見て話せるような人になりたいです。

RYO! Mail 2009/05/14 Thu 00:04 Edit
もっとよくみてごらんよ。
>すでに自分に厳しくあたっている場合は?
>すでに人に最大限やさしくしている場合は?

そう言ってしまった時点で、自己満足してしまっているのではないかと思います。

あと、観客が身内のみに感じるのは、それだけ外に向けての発信(宣伝)がいきわたってないってことじゃないのかな?

観客がたとえ身内ばかりだとしても、誰も贔屓目でなんてみていないよ。
もちろん成長・進化・若さは感じるけど・・・

まぁいろいろ(言いたいことは)あるけど、それはそれで・・・

難しいね。。。

気持ちは1年、あびでした。
あび 2009/05/14 Thu 14:34 Edit
無題
あび子に同意。

僕は自己嫌悪でヘコむから立派な事は言わない卑怯者。
その代わり、すごいなって思ったときに素直に称える準備をしておきます。
alba 2009/05/15 Fri 17:56 Edit
5 Comment(s)
Trackback
URL :
0 Trackback(s)
カレンダー
12 2017/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
バーコード
Template by kura07, Photo by Abundant Shine
忍者ブログ [PR]